< meta name="keywords" content="触れる むくみ やり方 勉強 ビジネス ソフトウェア アメリカ 下半身 クリエイティブ ボーナス" />
So-net無料ブログ作成

やる気に関する驚きの科学 [日記]

こんばんは!

いつもは室内での仕事ですが
今日は久しぶりに室外で仕事をしました。

結果・・・

顔が日に焼けました(笑)

ほぼ一日立っていたので
下半身がむくみます・・・

と関係ない話はここまでにして
今日は興味深い実験の結果をお伝えします!
(ちょっと長文になります・・・)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スポンサーリンク




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

題名にある【やる気に関する興味深い科学】ですが
実はちょっと前に勉強してました。

しかし!
再度触れる事がありましたので
今日は書き残したいと思います。

この実験はアメリカや
他の国でも行われましたが
同じ結果が出ました。

実験の内容は割愛致しますが・・・
数分で解ける問題でした。

一方のチームには
【この種の問題を解くには
一般的にどれくらい
時間がかかるが知りたいのだ】
と伝え

もう一方のチームには
【上位25%の人には賞金を出します。
1番になった人にはTOP賞を出します。】
と伝えます。

結果は平均で3分半
賞金を提示されたチームが遅かったです。

人々により良く働いてもらう為に
賞金を出せばいい。
ボーナスやコミッション、インセンティブ

仕事の場合
多くの企業がそうしてます。

しかし、ここでは結果が違いました。

この結果は繰り返し繰り返し
40年も再現され続けました。

この成功報酬的は動機づけは
これをしたらこれがもらえる
というやり方は
状況によっては機能します。

しかし、多くの仕事では
うまく機能せず
時には害にすらなります。

これは大きな発見でもありますが
同時に無視されている発見でもあります。

外的動機付けと内的動機付け

科学が証明した事と
仕事で行われている事の
食い違いがよくわかります。

今の会社は
外的動機づけが多いのですが
20世紀的な作業では結果が出ますが
21世紀的な作業では
機械的な褒美と罰では
機能せずうまくいかないか
害になるのです。

外的動機付けは
単純なルールと明確な答えがある場合
機能します。

報酬は視野を狭め心を集中させる。
まっすぐ見てれば良い場合に
報酬が生きるのです。

しかし昨今求められる仕事は
視野を狭めまっすぐ見ていれば
ゴールが出てくるものでは御座いません。

左脳的な仕事は簡単にアウトソース出来
ソフトウェアの方が早く出来ます。

今は右脳的な
クリエイティブな考える能力が
求められています。

自分の仕事で考えてみてください。
ルールが明確で答えは単純ですか?
左脳、右脳、どちらを必要としてますか?

各々抱えている問題は違えど
答えは明確ではないでしょうか?

賞金や報酬を出す企業は多いですが
それでは機能しないのです。

人や才能に関する評価を
時代遅れで検証されていない
前提に基づいているともいえるでしょう。

良い結果を出したいのであれば
間違った事はすぐにやめるべきです。

甘い飴で誘導したり
鞭で脅すのはもう古いのです。

全く新しいアプローチが必要なのです。

内的動機付け
重要だからやる。
好きだからやる。
面白いからやる。

仕事は3つの要素を軸に回ります。
【自主性】
【成長】
【目的】
これが新しいビジネスモデルだと思います。

今日はこの辺にします。
長文にお付き合い頂き
有難う御座いました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スポンサーリンク




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。